【アークナイツ】3-2の少人数編成攻略|マンガン周回と信頼度稼ぎ

マンガン集めなどでお世話になるマップ「3-2」。周回ついでに信頼度も稼げる少人数編成を考察する。

星6をふんだんに使った高速周回用の編成や低レア活用の2体編成などを紹介。配置チャートやスキル使用タイミングについても解説を入れている。

関連記事

3-2のマップ情報

3-2マップ
3-2出現敵

要注意ユニット

上級猟犬上級猟犬
開幕から凄まじい勢いでなついてくるストロングワンちゃん。
こいつらを単身で保健所送りにできる戦力があるかどうかで、節約できる人数が変わってくる。狙撃1体で難なくいなせれば後の展開が非常に楽。
潜入者潜入者
終盤の山場となる隠密ランナー。
強くはないが、接敵するまで攻撃できない性質が非常にやっかい。
ステルス看破持ちのシルバーアッシュか、3体ブロック&複数攻撃のスペクターがいるとスムーズに処理可能。

3-2少人数攻略|編成例と配置チャート

高レア2体編成|シルバーアッシュ&エクシア

2-10高レア編成2体

攻略動画

2体編成の配置チャート

2人編成

解説

敵撃破数20

「戦闘中盤のラッシュを真銀斬でしのぎたい」
「戦闘終盤の潜入者8体侵攻を真銀斬で最速処理したい」

この二つを満たす条件が「シルバーアッシュのスキルlvが7以上、かつ敵撃破数が20になった瞬間にスキルを発動する」である。

そして、このスキル発動タイミングは絶対に遅らせてはいけない。

敵撃破数20になった瞬間は、おそらくマップ上に誰もいない。殴る相手がいないのにスキルを発動するのに抵抗があるかもしれないが、下手に敵の出現を待つと終盤のスキルが間に合わなくなる。ここしかないのだ。

シルバーアッシュのスキル発動タイミングが、2体編成の要であり全てだ。

低レア2体編成|ディピカ&クルース

低レア2体編成

低レア2体編成の配置チャート

2-10低レア2体配置順

触手の配置順は画像内の番号参照

攻略動画

解説

触手の避雷針

4番目に設置する触手の役割はふたつ。潜行者のブロックと、遠距離攻撃に対する避雷針だ

画像の位置に触手を置いておけば、ディピカの正面を通過する潜行者が勝手に引っかかって感度3000倍になってくれるので、効率よく間引ける。というか、これをやらないと高確率で撃ち漏らしが発生する

また、射撃隊長の攻撃からディピカを守る盾にもなる。遠距離攻撃を持つ敵の「射程範囲内で一番最後に配置されたユニットを優先して攻撃する」という性質を利用するわけだ。ディピカ本体は非常に打たれ弱いので避雷針は必須。触手使いの宿命的欠点である。

お手軽3体編成|スペクター&星3ふたり

3-2少数編成2

3体編成の配置チャート

3人編成

解説

荒くれモノ

3体編成ではスペクターとプリュムの配置位置が重要になる。

マップ中央にある草むら、その南側の通路は「流れ者」の通学路だ。ザコの中でも侮れない攻撃力を持つので、攻撃型の先鋒だとあっさり落とされたりする。

今回の編成ではスペクターを南側に配置し、流れ者の相手をしてもらっている。スペクター以外で3体編成を組む場合でも、南側の通路には耐久力のある近接キャラを配置しよう。

3-2少人数攻略|人数&時間節約ポイント

敵は散る前に叩く

できるだけ少ない人数で、かつ高速周回を目指すなら、敵はできる限り出現位置に近い場所で撃破したい。

3-2の敵は最初の小高い丘を越えると、思い思いの方向に散ってしまう。これを防衛ライン手前で迎え撃つのはいささか効率が悪い。

キルゾーン

そのためキルゾーンはなるべく侵攻ルートの根本、上の画像でいう赤エリアが望ましい。それが難しい場合は、青エリアでの迎撃を目指そう。

中央の草むらに狙撃を植える

中央の草むらは誰からも狙われない上に、敵の侵攻ルート全てをカバーできるエンペラースポットだ。活用しない手はない。

強力な狙撃キャラを配置すれば、あとは適当でもどうにかなるのがこのマップの良いところ。

ただし、配置するのはエクシアやジェシカのような単体速射型の狙撃にしておこう。範囲型狙撃だと攻撃速度が遅すぎて打ち漏らしの危険性がある。

ステルス見えるおじさんを最大活用

隠密ランナーの撃ち漏らしが課題となるマップでは、ステルス看破おじさんことシルバーアッシュが非常によく刺さる。彼の目が黒く、声がエロいうちは隠密ランナーに居場所はない。

ステルス看破を最大限活用するため、シルバーアッシュは必ず狙撃の攻撃範囲内に配置すること。また、看破範囲は、スキル使用による攻撃範囲拡大の影響を受けることも考慮すべきだ。

看破おじ

たとえば、画像位置にシルバーアッシュを配置し、真銀斬を使用したとしよう。すると、ステルス看破範囲は以下のようになる。

ステルス看破おじ

スタート地点から狙撃位置までほぼ全域をカバー、2つの侵攻ルートを同時出待ちという離れ業だ。潜入者を最少人数で最速処理できるのでとてもおすすめ。