【アークナイツ】マンガンもどうせ300個ぐらい必要になる

初級素材から作れない、ドロップ率の美味しいイベントもない、なのにちょいちょい必要になる、そんな感じで慢性的に不足しがちな素材「マンガン」。不足を嘆く前に集めておくのが得策だ。

本記事では、昇進・スキル強化・スキル特化など用途別にマンガンの必要数をまとめているので、今後の育成計画の参考にしてほしい。

※記事内の「マンガン必要数」は、マンガンおよびマンガンを加工して作られる派生素材を含む。

更新履歴
  • 2020/5/2 4/29実装キャラまでの情報を追加

用途・職業ごとのマンガン必要数

昇進用途で出番の多いマンガン

現時点で実装されているキャラ全員の、昇進・スキルrank・スキル特化それぞれで必要となるマンガンの総数は以下のとおりだ。

合計2105個。

全体的に必要数が多い上に、マンガンが死ぬほど落ちるイベントステージ的なものは存在しない。

合成コールや砥石のように、イベント周回で当面必要となる分を稼ぐ、というのができないのだ。源岩や異鉄みたく、初級素材からコツコツ出世させるのも無理。主な入手方法が「メインストーリーで地道に拾う」だけと考えると、この数字はなかなか気が遠い。D32鋼や融合剤の加工原料であることを考えても、どうせ300個ぐらいは必要になる。早いうちに回収体制を整えておくに越したことはない。

特殊・補助に需要が高い

上は職業ごとのマンガン必要数をまとめたもの。

特殊と補助の要求数が人数に比して多い。特殊、補助キャラを重点的に育成している人は、マンガン不足にあえぐだろう。だが心配はいらない。特殊や補助を攻略のメインにしている人はピーキーな性癖の持ち主だから、マンガンが足りないのもたぶん気持ちいいと思っている。

マンガンのドロップ率と理性効率の比較

※各ステージのマンガンドロップ率についてはhttps://penguin-stats.ioを参考にしている。

マンガン周回の代表的なステージは上の二つ。ちなみに「理性効率」とは、そのステージでマンガン1個を入手するのに必要となるであろう理性量のことだ。

マンガン必要数検索テーブル

キャラごとのマンガン必要数

特化スキルごとのマンガン必要数

※特1=スキル1特化、特2=スキル2特化、特3=スキル3特化。

マンガン集めのおすすめ周回ステージ

マンガンのみの周回なら「3-2」が最大効率

3-2
3-2少人数編成
3-2少人数攻略

純粋にマンガンだけを目当てに周回する場合は、難易度・理性効率ともに「3-2」の圧勝だ。

昇進2シルバーアッシュとエクシアがいれば、それだけでクリア可能。そこまでしなくとも、まともな近接とそれなりの狙撃がいれば3~4体まで編成を圧縮できる。

ステージクリアまでの所要時間も1分50秒程度、かたや4-7はどれだけ頑張っても2分を超える。この1周10秒の差は非常にでかい。10周すれば100秒、100周すれば1000秒の差になる。

1000秒といえば約17分だ。17分だぞ。17分もあれば何ができるか。

そう、マンガン周回ができる。

マンガン周回の時間をマンガン周回で稼ぐためにも、3-2でのマンガン周回をおすすめする。

攻略編成例と解説記事

※その他の少人数編成については関連記事参照。

【アークナイツ】3-2の少人数攻略|マンガン周回と信頼度稼ぎ

2020.02.21

上級マンガン目当てなら「4-7」

4-7
4-7少人数編成
4-7少人数攻略

マンガンの入手効率は3-2に劣るものの、上級マンガンが直ドロップするのが4-7のメリット。

上級マンガンがマンガン2個分に相当することを加味すれば、両者のマンガン入手効率に大きな差はない。低確率だが、3-2では落ちない合成コールや中級素材が落ちるのもうれしい。

ただし、攻略難易度はかなり高い。バクダンオリジムシがアホほど出るステージなので、高いというよりは面倒といった方がいいかもしれない。当然、少人数クリア編成のハードルも高く、信頼度稼ぎと並行しにくいのが難点だ。

そのあたりをクリアできるなら、4-7周回に手を出してみるのもよいだろう。