【デスティニーチャイルド】ワールドボス:サンビーチモナ予告

デスティニーチャイルド公式ブログにて次回のワールドボストライアルの開催が予告された。今回はのボスは火属性”サンビーチ モナ”。さあもう韓国版を踏襲するどころか、韓国版に存在すらしないキャラがワールドボスになってきた。できることも限られているだろうが、準備はしていきたい。

※開催後の攻略記事は以下を参照。

【デスティニーチャイルド】対サンビーチモナ:持たざる者編成で300万チャレンジ

2020.07.04

ワールドボス:サンビーチ モナ

性癖の活け造りみたいなルックスの彼女が、いわゆるモナの水着バージョンかつ今回のボスらしい。

このケツに見覚えがある。これは以前キム・ヒョンテ氏が自身のツイッターで匂わせたケツだ。同時に、我々をざわつかせたケツでもある。確かにパっと見モナっぽいがここは裏をかいてくるはずと、ゴリゴリに穿った結果到達した“木属性補助型水着褐色お団子ポニテイブという私の世迷言は、このブリンブリンのケツに弾かれて夏のしぶきと消えた。

さて、今回のワールドボスは火属性だ。水属性のデッキ編成を考えねばならないが、なんだか少し前にもこんなことをした気がする。その時はバインバインの胸を見ながら水属性編成を考えていたような。その少し前にもパツンパツンの白ストを見ながら水属性編成を考えたような。運営はいったいなぜここまで執拗に水の重要性を訴えてくるのか。砂漠の民か。もしくは初期のヘレン・ケラーか。

ワールドボス能力予想

皆目見当もつかないが、まずはロールから予想してみよう。モナ自身、闇属性防御型→木属性補助型という経歴を持っている。残るは攻撃型か妨害型または回復型の三つだ。

火属性攻撃型は魔王ダビとむっちりかぶってしまうので可能性は低いし見た目にも暑苦しい。回復型は大穴だ。回復型がワールドボスやレイドボスになった歴史はない。ただしねらい目ではある。★5の回復型はアウロラしかいないため、よほどの性能でない限り居場所はできる。

では火属性妨害型はどうだろう。これまでワールドボスとして抜擢されたキャラは皆、攻撃型か妨害型という特徴があった。もともと防御型であったはずのメデューサですら、妨害型に変更されたぐらいだ。火属性妨害型の線はなかなかに太そうに見える。ケツの話ではなく。

ここからは火属性妨害型で来るとして、何をしてくるか予想してみよう。

出血デバフ

当然やってくるだろうと思われる。これは妨害型でなくとも、火属性のアタッカーであれば避けて通れぬ道だ。とはいえ出血だけにとどまるとは到底思えないので、出血もしてくる、ぐらいのものだろう。

“猛毒”デバフ

これは韓国版で★5となったデメテルが付与してくるデバフだ。持続ダメージと同時に、回復阻害とデバフ短縮無効を付与してくる。これをそのまま持ってくるとはあまり思えないが、火属性に回復阻害系は珍しいので、なくはない。

“永遠の炎”デバフ

これは韓国版で★5ブリジットが持ってきた新デバフだ。持続ダメージに加え、解除不可・さらに死亡後に別対象に転移するという迷惑極まりないスキルである。ボス性能にふさわしい効果ではあるが、この酷暑に永遠の炎はシャレにならない気もする。

全く知らないやつ

日本版初出はもちろん、韓国版にも例がない新デバフを持ってくるという予想だ。おそらく、これが一番可能性が高い。

最近の傾向からいって、少し凝ったデバフを付与してくるのではないか。すなわち”持続ダメージ+変な効果”のようなものだ。既存スキルのあからさまな上位互換になるようなものを避ける傾向にもあるので、”持続ダメージ+回復不可”とか”持続ダメージ+防御ダウン”とかはおそらくないだろう。そうしたことを考え合わせ、私は新デバフを以下のように予想した。

  • 持続ダメージ+機敏性に応じて追加ダメージ

例のごとく根拠などない。これまでステータスが露骨に影響するデバフはなかったはずだし、そろそろ機敏性を無理やりにでも意識させてきそうなタイミングだ。この手の予想をことごとく外してきた私だが、今回は若干自信がある。これを見た運営はきっと青ざめるに違いない。まもなく慌ててスキル変更を行うことだろう。

だからまあ結局、今回も外れるんですが。

おわりに

このゲームをやっていると情報の価値というものを痛感する。問題解決をするにも新たな取り組みを始めるにも、とにもかくにも先立つものは情報だ。ワールドボスはもう31日から始まってしまうが、火属性ボスということ以外なにもわからない。

とりあえず現時点で出来ることは水のディーラーを育成することだ。ディーラーだけは、ボスがどんな能力を有していようが必ず使うことになる。それ以外は判明してから準備すればよい。

夏イベントというからには他にもキャンペーンがあるだろうが、ともかく少しゆっくりできそうで安心した。ワールドボスが木陰とかと同じ扱いになってるのもどうかと思うが、RAGNA BREAKからのアンダーグラウンド極はかなりの運動強度だった。指が熱中症になる。ワールドボスで英気を養おう。

そういえばイゾルデはどうしたんだろう。夏の主役を尻モナに明け渡してしまったんだろうか。彼女が登場することはもうないのだろうか。そのヒントはキム・ヒョンテ氏のツイートにあった。

モナの背景に使われているビーチの画像だが、これはイゾルデが登場した際の背景と同じものだ。つまり今回のモナ達とイゾルデは同じ場所にいることになる。異例の、ワールドボスからRAGNA BREAKへのシームレスなストーリー展開という可能性もゼロではない。

ただの背景使いまわしという可能性が80ほどあるが。